チェリーズ対ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦2-1で敗退

プレミアリーグ

チェリーズ対ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFCの試合は、サイモン・フランシスを退場させた最悪の前半の後、最終的に2-1で負けてしまった。ウルヴァーハンプトンは試合開始21分、ジョアン・モウティーニョがフリーキックから前に出て得点される。さらに31分、メキシコ出身のストライカー、ルイス・ヒメネスによってスコアは2倍になった。 37分にフランシスが2回目のイエローカード違反で退場したあと、チェリーズは10人で試合を継続しなくてはならなくなり、それはボーンマスにとってひどい前半だった。

後半戦調子を取り戻したかに見えるチェリーズは、ゲームの流れを作った。アルノー・グルンフェルトとレルマの活躍が光っていた。半試合しかプレイしていなかったとしても、彼らは間違いなくこの試合のカギっを握るプレイヤーだった。

スティーブ・クックからのヘディングでプレッシャーをかけ、59分、アケが二点目を決めるかに見えたが、8ヤードからの彼のショットは相手チームのキーパーによってセーブされた。

エディ・ハウは、来週、彼の選択についていくつかの決定を下すことになっていて、1月の移籍によってチームを活性化する必要があるかもしれない。

 

コメント

トップへ戻る