ボーンマス、シェフィールド・ユナイテッド戦1-2で降格リスク大

プレミアリーグ

チェリーはリードを奪い、前半を支配したにもかかわらず、シェフィールド・ユナイテッドで2-1を失った。ボーンマスは好調なスタートを切り、カラム・ウイルソンがわずか13分で8ヤードからチャンスを作った。

チェリーズは前半のほとんどの間、攻撃的なプレーを継続したものの、前半の延長時間でシェフィールド・ユナイテッドのゴールに屈っした。これは、1ゴール後、試合リードを継続することを怠っていたボーンマスにとってはひどい打撃だった。

シェフィールド・ユナイテッドは後半、よりよいパフォーマンスを見せたが、チェリーズも守備的に比較的堅実に見えた。

せめて引き分けであればチェリーズにとってはまだましな結果だっただろうが、この敗北は降格リスクにおいて深刻なトラブルを残すことになるだろう。

コメント

トップへ戻る