ボーンマス、対トッテナム・ホットスパーFCとのアウェイ戦2-3

プレミアリーグ

チェリーズはトッテナム・ホットスパーFC戦、出だし好調に試合をすすめたが、最終的には2-3で敗北した。69分に3-0まで得点を許したディフェンスの甘さによるものだった。

まず、不十分なディフェンスがたたり、スパーズのディフェンダー、トビー・アルデルヴェイレルトからのロングボールがデレ・アリのフィニッシュへつながった。スパーズは21分と50分目に得点し、3点目はムサ・シソコの近距離からのボレーだった。

ボーンマスもいくつかのチャンスを作り出し、73分、ハリー・ウィルソンが20ヤードから素晴らしいフリーキックで得点した。

EPL Bournemouth Vs Spurs, free kick of Harry Wilson

彼は延長時間に再度ゴールを決めた。カラム・ウイルソンにも得点のチャンスがあったが、本試合ほぼ最後のキックで、シュートを奪うことはできなかった。

全体的には、先週よりずっと優れたパフォーマンスだったものの、ディフェンスにおける課題はまだまだ多い。

コメント

トップへ戻る