2019-20シーズン開始、ボーンマス対シェフィールド・ユナイテッドFC戦

プレミアリーグ

2019-20プレミアリーグの開幕で、チェリーズは、今季新たにプレミアリーグ入りしたシェフィールド・ユナイテッドFC戦で、1-1に引き分けた。パッとしないパフォーマンスは、まるで未だビーチで夏休みを満喫中のような、集中力の欠ける試合だったというほかはない。

前半戦、シェフィールド・ユナイテッドFCの攻撃によって、この試合がデビュー戦となるボーンマスの若いゴールキーパー、アーロン・ラムズデールは数回にわたって彼らのゴールを阻止した。ボーンマスは前半戦、ゴールを狙ったシュートも打てなかったのだ。

しかし、後半戦はボーンマスが試合をリード、クリストファー・ジェームズ・メファムがフリーキックからラインぎりぎりでボールを押し込んだ。その後もボーンマスは試合の流れを支配したが、あと2分で終了という時点になって、試合全体を通して貧弱なディフェンスはビリー・シャープに得点を許してしまう。

次の試合、アストン・ヴィラFC戦では、もうちょっとマシなパフォーマンスをしてもらいたいものだ。

コメント

トップへ戻る